遍照寺
住職のひとりごと

1000株の桔梗花が咲き始める

2013年6月14日公開

◆境内では、例年通り「桔梗」の1番花が咲きました。
まず丈の低い「アポイ桔梗」から咲き出します。
「アポイ桔梗」は、6月末迄が見頃となります。
合わせて6月末から境内全体が、1000株の桔梗の花に覆われます。
それは、見事の一言に尽きます。花園の別世界を遊泳し我を忘れ癒される心地よさに無上の感動を覚えます。
是非、体感されますことをお勧め致します。

◆今年は、遠景の桔梗もご覧頂けます。
ホトトギス・鶯の美声にうっとりしながら、客殿でゆったりと冷茶を味わう至福の一時をお過ごし下さい。

◆遍照寺へのお参りは、慌てたら味わいが吹っ飛んでしまいます。境内をゆっくりと散策をして、仏様に線香を立てて手を合わせるお気持ちも大事にして下さい。

◆私たちの身の回りで起きていることは、すべて運命という言葉で理解されますが、仏教では、「因縁」という言葉で説明されます。
「因」とは、自分の内的な要因であり、「縁」は、外的な要因となります。
すべての事物・現象がこの因縁によって生滅しています。
因縁によって生かされている私たちですが、自分に出来る事は、「因」を善因に改めて新たな「縁」を頂いて新たな世界を作ることです。
そうした精進の中で、自分の新たな生き方が見つかり新たな喜びが湧いてきます。

◆一途に綺麗な花を咲かせて自分の役目を果たそうとしている桔梗の世話が、9月の彼岸迄続きます。
これから遍照寺で展開される出会いなど新たな日々が楽しみです。

◆どんなことでもお気軽に電話を下さい。叉、グループでお越しの節は、前もって連絡を頂ければ幸いです。毎日、雨乞いの気持ちです。

咲き始めた桔梗の花 咲き始めた桔梗の花