遍照寺
住職のひとりごと

梅ひらくこころの起伏しづかなり  広瀬直人

2015年2月18日公開

寒い冬でしたが、程々の雪景色に心地よさを覚えながら、そこまで来ている春光を待ち望んでいます。
間もなく早春の代名詞「梅」の季節です。境内には、3本の梅があり、いよいよ春花のスタートです。
梅花を眺めながら、日々、揺れ動く心が癒されていきます。花には花の偉大な力があり、私たちに生きる力を与えてくれます。

私たちにはも、私たちそれぞれに多様な力が備わっています。

花と同じように最後までそんな存在でありたい。