遍照寺 ホーム住職のひとりごと早くも笹百合が開花

早くも笹百合が開花

2015年5月17日に公開|2年前の投稿

記事をシェア

DSC00428 DSC00434DSC00441

(写真:上から笹百合、大山蓮華、カキツバタ)

 

桜に見とれ春花にうきうきしていたのが、つい先日のように思えますが、今や緑は深まり、暑さ夏日の如くです。

緑風の日々、花に魅せられて安らぎに救われて寺務に励みようやく大きな年中行事を終えてホットしています。
今は、庭の管理に励み来月の句碑除幕式と第2回桔梗俳句募集の準備をしています。

笹百合が開花しています。早めにお越し下さい。

境内では、ツツジ・白雲木・エビネ等の花が終わり、桔梗も元気よく成長し、大山蓮華・カキツバタが咲いていますが、今日、笹百合が開花しました。
平年より一週間以上早く咲きました。

笹百合の香りが、間もなく境内の王様となり、その存在をアピールします。
猪に荒らされ少なくなりましたが、40株程が花を付けています。

復活には、時間がかかります。

小さな芽は沢山出ていますが、花を付けるには3年以上はかかります。

この記事が気に入ればいいね 👍

最新情報をお届けします

ブログ記事の検索

毎年俳句を
募集しています

桔梗吟行のいざない
桔梗と矢田川流域・ジオパーク観光の雑詠

平成二八年度の桔梗大賞

慈しみ守られて咲く桔梗花