新時代

副住職「オトとイロドリとユルり」 2019年11月7日に公開 | 2週間前の投稿

記事をシェア

正に今、時代の転換期と盛んに言われています。

僕たちはこの10年で、片手に人工知能を搭載したスマホというものを待ち、その中で仮想の自分を住まわせ、そのスマホで違う惑星へ移住するようなニュースを見るような時代になりました。

この瞬間もどんどん勢いを増して、世の中が変わっていってます。

日本を見ても、平成が終わり令和時代になりました。

来年で戦後75年で、戦争を知らない世代でこの国は進んでいきます。

日本の四季も僕が子供の頃とは大きく違ってきてます。

国際情勢にそれほど詳しくない僕がみても、良くなってるように見えません。

何より1人1人の繋がりが薄くなっていってるように見えます。

 

 

 

、、、

 

 

 

 

どうでしょうか?なんか落ち込んできますね〜(笑)

確かに僕たちは、色んな変化とちゃんと向きあっていかないといけないんだと思います。

 

ただそんな変化の時代とどう向き合うのか。

テレビやネットで流れてくる情報を闇雲に捉えて何とか波に乗りますか?

よく分からないから、大多数の言動に合わせて生活しますか?

 

僕は自分達で新しい世の中を創れる時代になったと思っています。

そういう思いを胸に秘めてた人達が、解放できる時代です。

つまり「自分達で学びながら、仕事を産みだし、『ヒト』としてのあらゆる探求をしながら、時代とぶつかりながらも飛び込んでいく」べきだと思っています。

 

 

待て待て、そんな漫画の主人公みたいなこと言って、言葉では何とでも言えるんだよ、、

と思う方もおられると思います。

正にそうで、地に足つかない思いや言葉はすぐどこかに溶けていきます。

だからこそまず、学ぶことが必要だと思ってます。

もっといえば「学び直す」。

あまり決めつけた言い方はしたくないんですが、これは自信を持って言えます。

「これからは、学ぼうとすればするほど楽しくなる」

学んだ分だけ地図をたくさん手に入れるようなものです。

何が飛び出すか分からない、正解がない時代、地図があればグイグイ進んでいけます。

 

何を学べばいいか分からない!

と思われる方もおられると思います。

なので遍照寺を学びの場にします。

正確には学び合える場、学びをシェアする場。

 

どんな形でスタートするかはまだ分かりませんが、、(笑)

 

 

いきなりユルくないブログなりましたが、自分の方向性をブレさせない為にも最初にこういうことを書かせていただきました😆

難しいことを言いたいわけではありません。

ただ笑い合いながら、これからの時代を前向きに生きていける人がどんどん増えればいいなという思いです^_^

楽しいことになると思うので、どうぞよろしくお願い致します🙇‍♂️

 

 

写真は遍照寺の近くでの虹の写真です。

即位礼正殿の儀が執り行われた日でした。

この記事が気に入ればいいね 👍

最新情報をお届けします

ブログ記事の検索