ブログ

遍照寺の住職と副住職が日々の出来事や境内の花情報を綴ります。

住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年7月25日に公開

「布袋尊=ほていそん」を奉祠致しました

「ほてい」さんと親しまれている「布袋尊」を祀りました。 楠の巨木の前に桔梗を背景として祀っています。楠は、根が巾着のように膨らんでいますので、「巾着楠」と名付け、しめ縄に御幣を付けて運気向上を願う神木と なりました。   「布袋尊」は、七福神の一つで、唯一、中国の高僧を神格化しています。   お姿は、まん丸な顔・大きな耳たぶ・太鼓腹・大きな袋を持ち軍配を手にしています。   「布袋尊」の御利益は、開運・良縁・無病息災・財運金運向上等です。   布袋さんの太っ腹にあやかって下さい。

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年6月30日に公開

御朱印めぐり旅

少し前のことですが、御朱印めぐりをされる方にむけた本に遍照寺の御朱印を取り上げていただきました。     この本のライターの方が、LINEトラベルという旅行検索・予約サイトに遍照寺のことを書いてくださいました。 とても分かりやすくまとめてもらっています。 リンクから飛んでみてください。 https://www.travel.co.jp/guide/article/43872/ 磯本さんありがとうございます。

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年6月20日に公開

桔梗の花が咲き出しました

大目玉を頂くほど失礼を致しました。 コロナで総ての行事などが取りやめになり意気が削がれた日々を送っていましたが、庭園の手入れに集中出来ました。 今年の庭園は、今迄に勝るとも劣らなく綺麗に見えます。 いよいよ早生の桔梗から咲き出しました。 まだまだマスクが離せない日々ですが、少しでも爽やかに癒やされて晴れやかな一時をお過ごし頂ければ望外の喜びです。 7月末頃から紫一色の世界へと誘います。 6月末に予定していました「第4回琴&フルートの調べ」も中止になりました。来年には是非開きたいです。

記事を読む

サピエンス全史をまとめて見た②

前回の続きになります 🙂   見てない方はこちらを先にお読みください。 サピエンス全史をまとめてみた①   3つの革命 「認知革命」「農業革命」「科学革命」 のうち、今回は1万2千年前に起きた「農業革命」です(^ ^)   「農業革命」は字の通り、狩猟をして暮らしていた人類が農耕を覚えたということですね。 そして、このセクションではこの農業革命が   「人類史上最大の詐欺」   だったということを、語っています。 (僕は農業革命と聞くと人間が農耕を覚えて、豊らかな暮らしをスタートさせるきっかけだったのでは?と思っていました。) この意味はどういうことでしょうか?   「狩猟や採取をして自由に移動していた時代から、植物の種を植え田畑を育て定住にするようになった」 このことが本当に幸福なことだったのか? ということです。  

記事を読む

サピエンス全史をまとめてみた①

少し前に「サピエンス全史」という本が流行しました。 僕も難しいなりに読んだのですが、とても面白い本です。 「この本気になるけど取っ付きにくいんだよな、、」と思う人も多いと思います。 知っていて損はない本だと思うので、自分なりにまとめてみようと思います(^ ^) (ネタバレになりますので、ご了承お願いいたします)   この本は「ユヴァル ノア ハラリ」さんという、イスラエルの歴史学者の方が書きました。 ハラリさんがこの本で一体何を語っているのかというと、 「アフリカで細々と暮らしていた僕たちホモサピエンスが、どうやって今日までの世界を作り上げたのか」 「何故サピエンスがこれだけ繁栄したのか」   この本には「文明の構造と人類の幸福」という副題が付いています。 文明の構造をハラリさんの視点から紐解いたものです。   そして、この本でキーワードになるのが 「虚構」

記事を読む

人にお願いできますか?

こんにちは、智應です(^ ^)   皆さんは誰にでも気持ちよくお願いを頼めますか? これは現代人ができなくなってる事の一つです。   人にあれこれ頼むのは失礼だと思い、すぐ自分でやってしまいそうになります。 これは一見相手に迷惑をかけない優しい事に見えて、実は相手を信頼してないある種失礼な態度です。 そして人に頼むのが失礼と思うということは、自分が頼まれた時にマイナスな思いを持ってる可能性が高いです。 これは運気を逃す人の特徴です。 チャンスを掴めません。   僕たちはたくさんの大人に「迷惑をかけるな」と教わり、その言葉だけが自分の中で成長してしまっています。 「迷惑をかけるな」というのは人が悲しむことや、思いやりのない言動をやめなさいということです。 (そもそもこの社会は迷惑をかけてかけられて当たり前です) 何か困ったことや、一人でするには大変な事を誰かに頼

記事を読む

お寺の疑問 2019年11月18日に公開

お寺の疑問①〜檀家制度とは?〜

お寺のことで、よく分からないことはたくさんあると思います。 僕自身、よく分からないことや、クエスチョンマークがつくようなことはたくさんあります。 なので「お寺の疑問」というシリーズで、自分が理解を深めるためにも、色々なお寺についてを書いていこうと思います。   まず1回目は、多くの人が関係あるであろう檀家制度です(^^) 代々その地域のお寺さんの、檀家さんだというお家は多いと思います。 江戸時代にこの制度ができて以来、たくさんのお寺は檀家さんの協力で成り立ってきてるはずです。   ではそもそも、檀家制度は何故生まれたのでしょうか?   江戸時代に遡ります。 当時キリスト教の布教活動が活発化していました。 江戸幕府はその影響力に脅威を感じていました。 そこで幕府は1612年に「慶長の禁教令」といって、教会を壊し布教を禁止する令を出しました。 そこから外国からの脅

記事を読む

やる気が出ない時に

僕は現代人特有の、やる気が出ない、感情の上がり下がりが多いという事によく悩まされます。 自分の甘えだよ!と言われればそれまでなんですが、分かっていてもやる気が出ない時は出ない。。。   そもそもやる気が出ないというのは、便利で豊かな生活の代償ともいえるものだと思います。 インドに行った時の話です。 インドは郊外を少し離れれば、一気に貧しさを感じます。 綺麗な家もないし、お金をねだる子供達でたくさんです。 しかし、現地の人は多くの日本人より明らかにエネルギーが高く感じました。 生活するために、何か売ろうと必死だし、日本人に積極的にセールスをしてきます。 郊外でも色んなところで若い男が集まって、ワイワイしています。 日本も戦後まもない頃はこんな活気があったんだろうなーと思いながら見ていました。 日本人の僕達の方が豊かな暮らしをしてるはずなのに、僕達の方が元気がないというのは非常にショ

記事を読む