お知らせ
諸般の事情により桔梗俳句の募集を中止いたします。
6年にわたり大勢の皆様より賜りましたご芳情に篤く感謝を申し上げます。

遍照寺について

御本尊は、十一面観世音菩薩「桔梗観音」をお祀りしています。
桔梗の花園にて心安らかなる一時をお過ごし下さい。
皆様のお参りをお待ちしています。

御本尊

御本尊

十一面観世音菩薩「桔梗観音」を御本尊としておまつりしています。

詳しく見る
遍照寺の三門

参拝と御祈願

除災円満と運気向上を祈願して「桔梗鈴」守りをお授けしています。

詳しく見る
但馬七花寺霊場の遍照寺

但馬七花寺霊場

但馬七花寺(ななかじ)霊場は平成24年春に開創した霊場です。

詳しく見る

遍照寺の花

花は、仏様の小さな化身です。
美しくうつろう遍照寺ならではの四季折々の花をお楽しみください。

境内の桔梗

桔梗について

桔梗は「更」に「吉」を招く運気向上の花です。

詳しく見る
境内の桜

境内の花情報

桔梗以外にも、季節のお花が境内を彩ります。

詳しく見る
季節の花々

花々の写真集

遍照寺の花々、桔梗の開花情報をお届けします。

詳しく見る

桔梗と俳句

遍照寺では、毎年「桔梗吟行のいざない」として、
「遍照寺の桔梗と矢田川流域・ジオパーク観光」をテーマに俳句を募集しておりました。
6年にわたり大勢の皆様より賜りました俳句をお愉しみください。

平成三十年度の受賞句

桔梗大賞

桔梗や無音にひらく浄土門 森田洋豊岡市

澤井 洋子 選

蔦もみじ血脈絶えし平家村 谷岡信子豊岡市

岡部 榮一 選

桔梗の深き紫観世音 稲垣多美子出石町

小杉 伸一路 選

丹精に応ふ桔梗の色清し 石原清美たつの市

一席

桔梗や紫は妣白は考 岸下庄二神戸市

二席

良き寺に良き坊が妻白桔梗 北島衛加東市

二席

花桔梗観音堂の道しるべ 大月千鶴子但東町

三席

参拝す桔梗咲く寺凛として 黒坂扶美子豊岡市

三席

秋海棠青年僧の眉清し 池上孝子豊岡市

三席

丹精の藍に合掌桔梗寺 浅沼仁但東町

ジオパーク特別賞

烏賊釣りのランプに透けて昼の海 川崎ふさ子西脇市

更新情報

遍照寺の住職と副住職が日々の出来事や境内の開花情報を綴ります。

サピエンス全史をまとめて見た②

前回の続きになります 🙂   見てない方はこちらを先にお読みください。 サピエンス全史をまとめてみた①   3つの革命 「認知革命」「農業革命」「科学革命」 のうち、今回は1万2千年前に起きた「農業革命」です(^ ^)   「農業革命」は字の通り、狩猟をして暮らしていた人類が農耕を覚えたということですね。 そして、このセクションではこの農業革命が   「人類史上最大の詐欺」   だったということを、語っています。 (僕は農業革命と聞くと人間が農耕を覚えて、豊らかな暮らしをスタートさせるきっかけだったのでは?と思っていました。) この意味はどういうことでしょうか?   「狩猟や採取をして自由に移動していた時代から、植物の種を植え田畑を育て定住にするようになった」 このことが本当に幸福なことだったのか? ということです。  

記事を読む

サピエンス全史をまとめてみた①

少し前に「サピエンス全史」という本が流行しました。 僕も難しいなりに読んだのですが、とても面白い本です。 「この本気になるけど取っ付きにくいんだよな、、」と思う人も多いと思います。 知っていて損はない本だと思うので、自分なりにまとめてみようと思います(^ ^) (ネタバレになりますので、ご了承お願いいたします)   この本は「ユヴァル ノア ハラリ」さんという、イスラエルの歴史学者の方が書きました。 ハラリさんがこの本で一体何を語っているのかというと、 「アフリカで細々と暮らしていた僕たちホモサピエンスが、どうやって今日までの世界を作り上げたのか」 「何故サピエンスがこれだけ繁栄したのか」   この本には「文明の構造と人類の幸福」という副題が付いています。 文明の構造をハラリさんの視点から紐解いたものです。   そして、この本でキーワードになるのが 「虚構」

記事を読む

人にお願いできますか?

こんにちは、智應です(^ ^)   皆さんは誰にでも気持ちよくお願いを頼めますか? これは現代人ができなくなってる事の一つです。   人にあれこれ頼むのは失礼だと思い、すぐ自分でやってしまいそうになります。 これは一見相手に迷惑をかけない優しい事に見えて、実は相手を信頼してないある種失礼な態度です。 そして人に頼むのが失礼と思うということは、自分が頼まれた時にマイナスな思いを持ってる可能性が高いです。 これは運気を逃す人の特徴です。 チャンスを掴めません。   僕たちはたくさんの大人に「迷惑をかけるな」と教わり、その言葉だけが自分の中で成長してしまっています。 「迷惑をかけるな」というのは人が悲しむことや、思いやりのない言動をやめなさいということです。 (そもそもこの社会は迷惑をかけてかけられて当たり前です) 何か困ったことや、一人でするには大変な事を誰かに頼

記事を読む

お寺の疑問 2019年11月18日に公開

お寺の疑問①〜檀家制度とは?〜

お寺のことで、よく分からないことはたくさんあると思います。 僕自身、よく分からないことや、クエスチョンマークがつくようなことはたくさんあります。 なので「お寺の疑問」というシリーズで、自分が理解を深めるためにも、色々なお寺についてを書いていこうと思います。   まず1回目は、多くの人が関係あるであろう檀家制度です(^^) 代々その地域のお寺さんの、檀家さんだというお家は多いと思います。 江戸時代にこの制度ができて以来、たくさんのお寺は檀家さんの協力で成り立ってきてるはずです。   ではそもそも、檀家制度は何故生まれたのでしょうか?   江戸時代に遡ります。 当時キリスト教の布教活動が活発化していました。 江戸幕府はその影響力に脅威を感じていました。 そこで幕府は1612年に「慶長の禁教令」といって、教会を壊し布教を禁止する令を出しました。 そこから外国からの脅

記事を読む

やる気が出ない時に

僕は現代人特有の、やる気が出ない、感情の上がり下がりが多いという事によく悩まされます。 自分の甘えだよ!と言われればそれまでなんですが、分かっていてもやる気が出ない時は出ない。。。   そもそもやる気が出ないというのは、便利で豊かな生活の代償ともいえるものだと思います。 インドに行った時の話です。 インドは郊外を少し離れれば、一気に貧しさを感じます。 綺麗な家もないし、お金をねだる子供達でたくさんです。 しかし、現地の人は多くの日本人より明らかにエネルギーが高く感じました。 生活するために、何か売ろうと必死だし、日本人に積極的にセールスをしてきます。 郊外でも色んなところで若い男が集まって、ワイワイしています。 日本も戦後まもない頃はこんな活気があったんだろうなーと思いながら見ていました。 日本人の僕達の方が豊かな暮らしをしてるはずなのに、僕達の方が元気がないというのは非常にショ

記事を読む

人生を動かしているのは、、?続き

昨日の続きです(^^) 読まれてない方は先にこちらをお読みください🙇‍♂️   自分の人生を動かしているのは、、?     それでこの潜在意識をどうすればいいの?って思いますよね? 味方につけれたらと言いましたが、味方につけるのはとーっても大変です。 ここでいう味方につけるというのは「自分の思い通りに潜在意識を飼いならす」という意味です。 しかし、それは瞑想などの鍛錬が必要になると思います。   なので潜在意識とどう仲良くなるかと考える方が賢明だと僕は思います。 その為にまず知るべきことは、           「自分の見ている現実は、一寸の狂いもなく自分の深いところで望んだ結果」     というこです。 これを完璧に潜在意

記事を読む

自分の人生を動かしているのは、、?

皆さんは自分の人生をどれくらいコントロールできていると思いますか? 20%? 50%? 10000%!???   正直分からないですよね? 分かる方は賢者のはずです。   でも実は僕達の人生は、あるものにがっつり主導権を握られています! それが、、       「潜在意識」       昨日のブログでも一瞬出てきました。 知ってる方もおられると思いますが、この潜在意識ってなんぞや?   その説明の前に、「顕在意識」というものを知る必要があります。 例えば「今日の夜はカレーにしよう」とか「この仕事につくためにこの資格をとろう!」とか。 こういう表面に現れている意識を顕在意識といいます。 自分の意思とも言えますね。   潜在意識というのは、自分ではなかなか観ることのできない、無意識ということです

記事を読む

アクセス

美しい山と川、そして海。香美町の豊かな自然をお愉しみください。

高野山真言宗 桔梗の寺

遍照寺

〒669-6559 兵庫県 美方郡 香美町香住区小原616

電話番号
0796-36-3041
FAX番号
0796-36-0604
拝観時間
8:00 - 17:00
運営ページ
経路を確認する

交通案内

お車でお越しの場合

  • 鳥取市内から一般道で約55分、姫路方面から高速道路をご利用で約2時間、大阪方面からは約3時間です。
  • 乗用車・中型バスは、境内の駐車場をご利用いただけます。
  • 大型バスは、県道の入り口でお客様を降ろし「但馬の地酒 香住鶴」の駐車場でお待ち下さい。その節には一言お断り下さい。