ブログ

遍照寺の住職と副住職が日々の出来事や境内の花情報を綴ります。

住職のひとりごと

住職のひとりごと 2021年6月27日に公開

桔梗ミニ色紙を抽選して進呈致します(10枚限定)

昨年、ご縁を頂いてミニ色紙を書いて頂きました。 但馬七花寺霊場高照寺住職の叔母様に当たります、神戸市在住の山本富美子様です。 綺麗な桔梗と日々の生活からにじみ出ている優しいお言葉が添えてあります。 数に限りがあり大事にして頂きたく、ご希望の色紙を応募して頂き抽選してお届け致します。 コロナ禍ですが、静かな一時を遍照寺でお過ごし頂き、色紙の応募をして下さい。 尚、桔梗花は、7月に入れば見頃となります。 【応募の詳細】 ◆応  募 遍照寺へ参拝されたお方のみと致します。(電話等での申込は出来ません) ◆応募方法 遍照寺で実物をご覧の上、応募用紙に希望する色紙の番号等を記入して応募箱に入れて下さい ◆応募期間 7月26日迄 ◆抽選発表 住職が厳選して7月末に郵便でお届けし発表と致します。    

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2021年6月25日に公開

久しぶりのブログです 汗顔の至り

昨年、7月以来のブログです。汗顔の至りとはこの事ですね。 相変わらずコロナに翻弄され自粛の日々です。 集まりは、全てと言って良いほど中止となり、時には無気力になり、侘しさ感じながらも寺務に勤しんで来ました。 時間に余裕が出来、境内の草取り・掃除に集中出来ました。 今、綺麗にしても明日は、又、元の木阿弥で落ち葉だらけになり、草は追っかけるようにして次々に生えてきます。 今迄は、時間に追われながら汗し葛藤して辛さが先行していましたが、コロナ禍の中、やっと苦しみを感じずに自然体で来る日も来る日もひたすら出来るようにな り、掃除に対するかっての気持ちが吹っ切れて楽になりました。 今、桔梗の花が咲きだし綺麗な境内で一段と映えています。 桔梗と境内の美しさに触れて安らぎの一時をお過ごし下さい。    

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年7月25日に公開

「布袋尊=ほていそん」を奉祠致しました

「ほてい」さんと親しまれている「布袋尊」を祀りました。 楠の巨木の前に桔梗を背景として祀っています。楠は、根が巾着のように膨らんでいますので、「巾着楠」と名付け、しめ縄に御幣を付けて運気向上を願う神木と なりました。   「布袋尊」は、七福神の一つで、唯一、中国の高僧を神格化しています。   お姿は、まん丸な顔・大きな耳たぶ・太鼓腹・大きな袋を持ち軍配を手にしています。   「布袋尊」の御利益は、開運・良縁・無病息災・財運金運向上等です。   布袋さんの太っ腹にあやかって下さい。

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年6月30日に公開

御朱印めぐり旅

少し前のことですが、御朱印めぐりをされる方にむけた本に遍照寺の御朱印を取り上げていただきました。     この本のライターの方が、LINEトラベルという旅行検索・予約サイトに遍照寺のことを書いてくださいました。 とても分かりやすくまとめてもらっています。 リンクから飛んでみてください。 https://www.travel.co.jp/guide/article/43872/ 磯本さんありがとうございます。

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2020年6月20日に公開

桔梗の花が咲き出しました

大目玉を頂くほど失礼を致しました。 コロナで総ての行事などが取りやめになり意気が削がれた日々を送っていましたが、庭園の手入れに集中出来ました。 今年の庭園は、今迄に勝るとも劣らなく綺麗に見えます。 いよいよ早生の桔梗から咲き出しました。 まだまだマスクが離せない日々ですが、少しでも爽やかに癒やされて晴れやかな一時をお過ごし頂ければ望外の喜びです。 7月末頃から紫一色の世界へと誘います。 6月末に予定していました「第4回琴&フルートの調べ」も中止になりました。来年には是非開きたいです。

記事を読む

サピエンス全史をまとめて見た②

前回の続きになります 🙂   見てない方はこちらを先にお読みください。 サピエンス全史をまとめてみた①   3つの革命 「認知革命」「農業革命」「科学革命」 のうち、今回は1万2千年前に起きた「農業革命」です(^ ^)   「農業革命」は字の通り、狩猟をして暮らしていた人類が農耕を覚えたということですね。 そして、このセクションではこの農業革命が   「人類史上最大の詐欺」   だったということを、語っています。 (僕は農業革命と聞くと人間が農耕を覚えて、豊らかな暮らしをスタートさせるきっかけだったのでは?と思っていました。) この意味はどういうことでしょうか?   「狩猟や採取をして自由に移動していた時代から、植物の種を植え田畑を育て定住にするようになった」 このことが本当に幸福なことだったのか? ということです。  

記事を読む

サピエンス全史をまとめてみた①

少し前に「サピエンス全史」という本が流行しました。 僕も難しいなりに読んだのですが、とても面白い本です。 「この本気になるけど取っ付きにくいんだよな、、」と思う人も多いと思います。 知っていて損はない本だと思うので、自分なりにまとめてみようと思います(^ ^) (ネタバレになりますので、ご了承お願いいたします)   この本は「ユヴァル ノア ハラリ」さんという、イスラエルの歴史学者の方が書きました。 ハラリさんがこの本で一体何を語っているのかというと、 「アフリカで細々と暮らしていた僕たちホモサピエンスが、どうやって今日までの世界を作り上げたのか」 「何故サピエンスがこれだけ繁栄したのか」   この本には「文明の構造と人類の幸福」という副題が付いています。 文明の構造をハラリさんの視点から紐解いたものです。   そして、この本でキーワードになるのが 「虚構」

記事を読む

人にお願いできますか?

こんにちは、智應です(^ ^)   皆さんは誰にでも気持ちよくお願いを頼めますか? これは現代人ができなくなってる事の一つです。   人にあれこれ頼むのは失礼だと思い、すぐ自分でやってしまいそうになります。 これは一見相手に迷惑をかけない優しい事に見えて、実は相手を信頼してないある種失礼な態度です。 そして人に頼むのが失礼と思うということは、自分が頼まれた時にマイナスな思いを持ってる可能性が高いです。 これは運気を逃す人の特徴です。 チャンスを掴めません。   僕たちはたくさんの大人に「迷惑をかけるな」と教わり、その言葉だけが自分の中で成長してしまっています。 「迷惑をかけるな」というのは人が悲しむことや、思いやりのない言動をやめなさいということです。 (そもそもこの社会は迷惑をかけてかけられて当たり前です) 何か困ったことや、一人でするには大変な事を誰かに頼

記事を読む

お寺の疑問 2019年11月18日に公開

お寺の疑問①〜檀家制度とは?〜

お寺のことで、よく分からないことはたくさんあると思います。 僕自身、よく分からないことや、クエスチョンマークがつくようなことはたくさんあります。 なので「お寺の疑問」というシリーズで、自分が理解を深めるためにも、色々なお寺についてを書いていこうと思います。   まず1回目は、多くの人が関係あるであろう檀家制度です(^^) 代々その地域のお寺さんの、檀家さんだというお家は多いと思います。 江戸時代にこの制度ができて以来、たくさんのお寺は檀家さんの協力で成り立ってきてるはずです。   ではそもそも、檀家制度は何故生まれたのでしょうか?   江戸時代に遡ります。 当時キリスト教の布教活動が活発化していました。 江戸幕府はその影響力に脅威を感じていました。 そこで幕府は1612年に「慶長の禁教令」といって、教会を壊し布教を禁止する令を出しました。 そこから外国からの脅

記事を読む