遍照寺 ホーム四国・西国などの霊場参り

四国・西国などの霊場参りの関連記事

住職が案内する巡礼です。

2015年7月26日に公開

まだ咲いています桔梗花

梅雨があけると一気に猛暑となりましたが、桔梗の花は、元気に咲いています。 今年は、開花が早かった為に早く終盤を迎えると思って居ましたが平年通りに咲いています。 今年は、阪神間からの参拝が目立ちました 。又、リピーターの多さは、例年の如くです。 どの花も開花が早かったですが、女郎花(オミナエシ)も早く咲き、今から、シュウカイドウが咲いています。 現在、境内には珍しい夏エビネが一株咲いています。 (写真上から桔梗、オミナエシ、咲き出したシュウカイドウ) いよいよお盆モードです お寺にとってお盆は、一年の内、最も大事で大変な行事です。 いつも綺麗な境内ですが、更に盆用の庭園にするべく、昨日より境内の草取りに取りかかり、猛暑の洗礼を受けています。 今日は、朝勤の後、7時30分より、桔梗の花殻摘み、9時より草取り、午後は、弱雨の中、桔梗の切り戻しに取りかかりました。 終わって5時20分より70分のウ

記事を読む

2015年6月1日に公開

早い成長 桔梗の花が早く咲きそうです

最近の高温に誘われて早咲きのアポイ桔梗の一番花が、今にも咲き出しそうになっています。 例年、6月20日頃から咲き出して、7月10日頃が満開となりますが、余り早くならないように願っています。 今後は、このページで開花状況をお知らせいたしますのでご覧下さい。 今、境内では、クガイソウ・ソケイ・リョウブ・大山蓮華・紫ホタルブクロ・雪の下・源平菊が咲いています。 (写真 上:つぼみをつけた桔梗、下:クガイソウ) お陰様に生かされる私たち 写真<おかげさま>の額は、京都在住の某氏が奉納されました。 可愛い桔梗があしらわれています。 いつも参拝の皆様の目に触れ易い所に置いています。 声に出して読まれるお方・じっと眺めて感じ入っておられるお方など様々です。 お陰様の言葉が段々と死語になり、日常会話から消えつつあります。 素晴らしい言葉だと思いませんか。 私たちが存在する様を端的に表しています

記事を読む
1 / 11