遍照寺 ホーム桔梗公開

桔梗公開の関連記事

境内の苔庭に咲く桔梗の見頃です。

2016年7月22日に公開

桔梗がまだ見頃です

梅雨明け暑さ本番となりました。 桔梗は、今も見頃です。 今年は、開花が早かったため20日頃には、花が少なくなると思っていましたが、豈に図らんや今なお沢山の花が暑さに負けずに凛と咲いています。 暑さに負けずにご参拝頂き、桔梗の涼しさを体感して下さい。 自然の奥深さに神秘を感じ、我々の浅き狭き思考を恥じています。 今は、早々と秋海棠もちらほらと咲きだし、昔からお盆の供花とする女郎花(おみなえし)も桔梗の花に埋まる境内において、静かに声立てずに一途に咲いています。 花は、私心無く無心です。 私心(我)を押さえれば、私たちも綺麗に見えるのでしょうね。 昨日、高野山より帰寺し、今日は、台風・雨に備えて、萩・ススキ・女郎花に支柱を立てて紐で結び、午後は、紫陽花の剪定を済ませました。 いよいよお盆が近づきお盆用の草取り等の準備に入ります。   最近つくづく思います。 感謝する心が、悩みを解決し

記事を読む

2016年7月2日に公開

桔梗の花が満開です

境内全体が、間もなく紫一色の桔梗の園と化します。 毎日、目に見えて花が増え満開が近くなっています。 今年も、色が濃く私たちの心に染みいっています。 花は、どんな花でも朝の早いときが一番美しく見え、晴天よりも曇天が良いようです。 お寺をあげてお待ちしています。 桔梗は、更に吉を招く幸運な花です。ご縁を結んでください。

記事を読む

2016年6月24日に公開

桔梗の花が咲き揃ってきました

桔梗の花が沢山咲いて来ました。 いよいよ桔梗園が、皆様のお越しをお待ちしています。 今年も綺麗な花を付けています。 来週には、見頃となります。 桔梗花には、この上ない和みを感じ爽やかになります。 冷茶を含みながら静かな一時をお過ごし下さい。

記事を読む

2016年6月16日に公開

ご無沙汰お許し下さい 桔梗が咲きだしました

2月以降の無言状態、平にお詫びを致します。 そうしている間に桔梗の花が咲きだしました。 平年ですと、今頃に1番花が咲きますが、今年は、暖冬によるのか季節の移ろいが早く全ての花が10日位早く咲きだしています。 写真のように、低いアポイ桔梗がかなり咲きだしました。   6月22日午後2時より、第2回桔梗大賞句碑の除幕式・入選者表彰式を行います。 今回も立派な句碑となりました。 今年も、俳句募集を致しますので応募下さいますようお願いを申し上げます。   これからいよいよ参拝される皆様のご接待に明け暮れますが、皆様とお会いできますことを楽しみにしています。 冷たいお茶を友としてゆっくりと心洗われる静かな一時をお過ごし下さい。 花便りを希望されました皆様には、間もなく手元に届くと思います。 出来ましたらそれを持参して下さい。 お顔とお名前が合えばいっそう身近に感じ、お互いに喜びが

記事を読む

2015年7月7日に公開

桔梗が間もなく満開となります

桔梗の花が、順調に咲き、満開が近くなりました。 背の低いアポイ桔梗は、間もなく終わりますが、普通の桔梗は、色濃く私たちを魅了しています。 今年は、曇り日が多くバックの杉苔も桔梗の花も生き生きとしています。 桔梗を散策し、ご本尊に手お合わせ、客殿にて美味しいお茶を味わい静かな一時をお過ごし下さい。 台風の動きが心配です。 桔梗の成長が良く、良く伸びているため風対策が必要です。 もし台風が来るとなれば、新たに長い支柱を立ててくくりつける事になります。 株数が多いため大変な作業となります。

記事を読む

2015年6月18日に公開

桔梗咲きだしました

早生咲きのアポイ桔梗(北海道アポイ岳日高山脈の南端にある山,標高810m)産の矮性タイプのキキョウにつけられた俗称)が、例年よりも10日程早く一気に咲きだしました。 毎年の事ながら青紫の色に引き込まれて心が洗われます。 背丈の高い桔梗も例年よりも早く咲きそうです。 境内全体が桔梗一色の満開は、来月早々ではないかと想像しています。 満開を目指してのお越しは、このホームページでもお知らせしますが、電話でお問い合せ下さい。 遍照寺ご本尊11面観世音菩薩の分身として、更に吉を招いて幸運を運んでくれる桔梗花、静かに座して異空間で悠々してリフレッシュして下さい。 桔梗の花を引き立てる杉苔も桔梗の花も午前の時間が早いほど綺麗です。 気温の上昇と共に変化をして疲れの様相を示します。 今年もホトトギスが、私たちに語りかけてくれます。 それも暑くならない10時頃迄です。 昼間の暑いときは、休憩されます。 ホト

記事を読む

2015年6月1日に公開

早い成長 桔梗の花が早く咲きそうです

最近の高温に誘われて早咲きのアポイ桔梗の一番花が、今にも咲き出しそうになっています。 例年、6月20日頃から咲き出して、7月10日頃が満開となりますが、余り早くならないように願っています。 今後は、このページで開花状況をお知らせいたしますのでご覧下さい。 今、境内では、クガイソウ・ソケイ・リョウブ・大山蓮華・紫ホタルブクロ・雪の下・源平菊が咲いています。 (写真 上:つぼみをつけた桔梗、下:クガイソウ) お陰様に生かされる私たち 写真<おかげさま>の額は、京都在住の某氏が奉納されました。 可愛い桔梗があしらわれています。 いつも参拝の皆様の目に触れ易い所に置いています。 声に出して読まれるお方・じっと眺めて感じ入っておられるお方など様々です。 お陰様の言葉が段々と死語になり、日常会話から消えつつあります。 素晴らしい言葉だと思いませんか。 私たちが存在する様を端的に表しています

記事を読む

2014年7月19日に公開

満開の桔梗 清涼感一杯

  満開を迎えた桔梗が、風に揺られて清涼感一杯に私たちを迎えています。 境内一杯に咲く桔梗が、参拝の皆様の心を捕らえてやみません。 これからは、徐々に花が減って行きます。 どうぞ、今が見頃です。 お参り下さい。  

記事を読む

2014年6月20日に公開

桔梗の開花が始まりました

桔梗の花が日に日に咲き出し増えてきました。いよいよ、桔梗シーズンの到来です。 ぼつぼつとあわてずに参拝の予定をして下さい。 桔梗の花の色は、私たちを癒しの世界へ誘い心を洗い生きるパワーをプレゼントします。 毎日眺めていても飽きることなく、いつもさわやかな気持ちになります。 是非、桔梗花との一時をお楽しみ下さい。 俳句の募集が始まりました 桔梗を愛でて一句をお届け下さい。 今年より俳句を募集します。 最優秀作品は、境内に句碑を建立し寺景の一部として残します。 詳細は、ホームページをご覧下さい。 【桔梗吟行のいざない】

記事を読む

2014年6月10日に公開

1番花が咲き出しました

平年より早く桔梗の1番花が咲き出しました。 1番花が年々早くなるように思いますが、まず咲き出すのは、アポイ桔梗です。 北海道のアポイ岳を原産とする背丈が20㎝ほどの桔梗です。 遍照寺の境内では、7月上旬にかけてアポイ桔梗が咲き、続いて皆様がご存じの背の高い桔梗が境内を埋めます。 今年も期待通りの花が咲きそうです。 どうぞお越し下さい。心を込めたおもてなしの準備をしています。 (写真:桔梗の1番花) ホトトギスと桔梗 昨年はあまり聞けなかったホトトギスが、深夜2時頃から鳴き出します。 ホトトギスの美声に起こされ睡眠不足が続いています。 その日の天候によりますが、10時頃迄大きな声でさえずり境内を別世界へと誘います。 ホトトギスの世界に入り客殿で静かに眺めて頂く桔梗は、格別のおもむきがあり、この上ない安らぎを感じます。 感謝が先でしょうか、後でしょうか 幸せだから感謝するのではなく、感謝するか

記事を読む

2013年8月21日に公開

桔梗2番花が咲き出しました

◆桔梗情報 今尚、7月から咲いている株もかなりあります。 7月中頃に切り戻しをした株は、2番花が咲き出しました。 9月に入れば2番花が、咲き揃います。秋空の桔梗は、ひと味違います。 秋になれば、シュウカイドウ・ツワブキも咲いて来ます。 どうぞ、いつでもお参り下さい。 ◆暑いお盆が終わりましたが、残暑の厳しいこと盛夏に勝ります。 今夏は、高温と豪雨の報道ばかりです。気温40度・1時間の降雨100㎜に耳慣れするほど異常な気象です。 花木が悲鳴を上げています。早く雨が欲しい。 予報によれば、週末に雨マークが付きました。期待しています。 ◆お盆から一休みする間もなく予定が詰まっており追われています。 でも来月の頭は、少し日程に余裕があり一服できそうです。 ゆっくりと昼寝をしてみようと思います。 ◆今年も6月下旬から7月下旬にかけて大勢の皆様にお参りを頂き、出会いをさせて頂きました。 皆様の心が揺さ

記事を読む
1 / 212