遍照寺
住職のひとりごと

桔梗2番花が咲き出しました

2013年8月21日公開

◆桔梗情報
今尚、7月から咲いている株もかなりあります。
7月中頃に切り戻しをした株は、2番花が咲き出しました。
9月に入れば2番花が、咲き揃います。秋空の桔梗は、ひと味違います。
秋になれば、シュウカイドウ・ツワブキも咲いて来ます。
どうぞ、いつでもお参り下さい。

◆暑いお盆が終わりましたが、残暑の厳しいこと盛夏に勝ります。
今夏は、高温と豪雨の報道ばかりです。気温40度・1時間の降雨100㎜に耳慣れするほど異常な気象です。
花木が悲鳴を上げています。早く雨が欲しい。
予報によれば、週末に雨マークが付きました。期待しています。

◆お盆から一休みする間もなく予定が詰まっており追われています。
でも来月の頭は、少し日程に余裕があり一服できそうです。
ゆっくりと昼寝をしてみようと思います。

◆今年も6月下旬から7月下旬にかけて大勢の皆様にお参りを頂き、出会いをさせて頂きました。
皆様の心が揺さぶられ癒されホットされた一時であったことと願っていますが、至らないが為、不愉快な思いをされたお方には、心よりお詫びを申し上げます。
一つ一つ経験をさせて頂き、来年には、更に心深くお迎えをさせて頂きます。
是非、叉、足を運んで下さい。

◆私たちは、死ぬ何年か前が目茶苦茶幸せで、そのまま往生出来たら一番いいと思います。
人間、終わりよければすべて良しです。でも満足な終わりかたをするには、難しい状況ばかりです。
病気の不安がつきまとい、終の住み家も定まらない。介護は、老々介護。核家族化で独居老人となり、増える孤独死など不安だらけの老後が待っています。
今の不幸は、終わってみれば苦労の一コマに過ぎません。
そんな事もあったで済みますが、死の前の不幸は、悲しみ怒りを整理・解決出来ずにそのまま抱いたままで臨終を迎える事となります。
人生の目指すところは、生涯の苦労も悲しみも怒りもすべて水に流して、「ああ、よかった、ありがとう」と言えるか、ただそれだけのように思えます。

◆稲刈りと共に清々しい秋がやって来ます。精一杯秋の風景を楽しみます。

桔梗の2番花・シュウカイドウも咲き出しました。 桔梗の2番花・シュウカイドウも咲き出しました。