遍照寺 ホーム住職のひとりごと桔梗が終わり、シュウカイドウが咲いています

桔梗が終わり、シュウカイドウが咲いています

住職のひとりごと 2017年9月18日に公開 | 2年前の投稿

記事をシェア

 

今年は、どうしたことか、桔梗の花が何時までも咲き続けていました。平年ならば、8月に入れば、大体終わっていましたが、今年は、20日

を過ぎても朝の花摘みに時間がかかりました。

低いキキヨウは、2番花が綺麗に咲きましたが、普通の桔梗は、2番花が咲かずに終わりそうです。

桔梗の後の花として秋海棠(シュウカイドウ)が咲いていますが、今年は、例年の半分の花です。

秋海棠は、日陰に育ちます。紅葉の大木の陰で育っていましたが、その紅葉が、枯れてしまい日傘が無くなってしまいました。移植先を捜し

ています。

その上、別の場所では、鹿の餌となってしまい惨めな事となっています。

でも、目立たずに陰で可愛らしく咲いている株も沢山ありますので是非お参り下さい。

 

 

この記事が気に入ればいいね 👍

最新情報をお届けします

ブログ記事の検索