遍照寺 ホーム住職のひとりごと

住職のひとりごと

遍照寺の住職が桔梗や日々の出来事を綴ります

住職のひとりごと

住職のひとりごと 2013年6月14日に公開

1000株の桔梗花が咲き始める

◆境内では、例年通り「桔梗」の1番花が咲きました。 まず丈の低い「アポイ桔梗」から咲き出します。 「アポイ桔梗」は、6月末迄が見頃となります。 合わせて6月末から境内全体が、1000株の桔梗の花に覆われます。 それは、見事の一言に尽きます。花園の別世界を遊泳し我を忘れ癒される心地よさに無上の感動を覚えます。 是非、体感されますことをお勧め致します。 ◆今年は、遠景の桔梗もご覧頂けます。 ホトトギス・鶯の美声にうっとりしながら、客殿でゆったりと冷茶を味わう至福の一時をお過ごし下さい。 ◆遍照寺へのお参りは、慌てたら味わいが吹っ飛んでしまいます。境内をゆっくりと散策をして、仏様に線香を立てて手を合わせるお気持ちも大事にして下さい。 ◆私たちの身の回りで起きていることは、すべて運命という言葉で理解されますが、仏教では、「因縁」という言葉で説明されます。 「因」とは、自分の内的な要因であり、「縁」

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2013年5月16日に公開

春花から夏花へ

◆長らく失礼を致しました。 寒い4月でしたが、一気に暑くなり初夏を通り越してしまいました。 でも、春花も新緑も寒さ続きで長く楽しむ事が出来、長く味わう事が出来ました。 ◆例年の大きな行事も一段落をしてホットしていますが、花の世話が待っています。 4月に遠景の桔梗を植えましたが、順調に成長しています。 新たな風景が楽しみです。 合わせて根腐れ等で元気のなくなった株の植え替えと施肥を済ませました。 残るは、成長を待って桔梗が風で倒れないようにひと株ずつ心棒をたてて結びつけます。 ◆いよいよ来月の半ば頃から咲き出します。皆様にお逢いできる日を楽しみに待っています。 ◆ようやく光ファイバーがやってきました。よってホームページを切り替えたために皆様にご迷惑をおかけいたしました。 今は、「桔梗の寺 遍照寺」ですぐに見られます。これからは、きめ細かくお知らせを致しますので見て下さい。 ◆境内は、つつじも

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2013年3月21日に公開

春花の働き

◆今、但馬の山は、春を告げる「こぶし」の花で真っ白です。大げさに思われるとおもいますが、この花は、山では隔年に咲きますので咲くときは、その存在を強烈にアピールしています。 ◆香住~村岡街道の県道の山側には、「山吹」の花のオンパレードです。それも八重咲きです。他の植物が芽を吹かない間に春一番の花として咲き誇っています。 私は、この道を「山吹街道」と呼んでいます。見物ですよ。 ◆間もなく、境内の桜も咲きますが、私達は、春の花によって冬の寒さで萎縮していた身心が解放され、大いなる生きる力が湧いてくるのを覚えます。 いよいよ冬眠から目覚めた動物のように生き生きと太陽を眺め上を向いて歩みます。 ◆でも、いつもの事ながらの花粉症に悩まされ外出が怖くなっています。 昨年は、花粉が少なく楽に過ごせましたが、今年はきついです。 特に目がきついです。目薬の効果が、あまりありません。いま問題になっている中国のP

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2013年2月18日に公開

春の足音

◆1月は行く 2月は逃げ 3月去るという諺がありますが、あっという間に季節は、「立春」を過ぎ「雨水」となり、寒さも峠を越え降る雪も雨に変わって雪解けが始まり、眠っている草や木の芽が動き出します。 水辺の蕗の薹に春の訪れを感じます。 冬の静かな落ち着いた時間がたっぷりあるものと思って居ましたが、昨年と違って今年は、雪が無いため早い春の足音に気持がせわしくなってきました。 ◆3月早々には、同行のお方と春の年中行事の一つである「小豆島88ヶ所霊場」巡りの修行に出かけます。 梅花薫る島を巡り心の洗濯をするために非日常の時間を過ごします。 叉、今年より7年ぶりに四国88ヶ所の霊場を巡ります。今回は5月24・25日の両日で阿波の国の19ヶ寺を巡ります。住職が先導するお参りです。 一緒に如何でしょうか。 ◆現在、花の寺は冬眠をしていますが、梅花・桜と春花の盛り合わせが待ち遠しいです。 春から皆様のお参り

記事を読む
住職のひとりごと

住職のひとりごと 2013年1月1日に公開

新春敬禮

新年のお慶びを申し上げます。 ◆多忙であっという間の一年でしたが、巳年を無事迎えることとなり、有り難く無上の喜びを感じます。 掃き清めた御本尊の御前にて、年と共に丸みを帯びてきた背筋を伸ばして新年を迎えます。 今年も、新たな希望に向かって命を燃やし続けられることを節に祈っています。 すべては、健康よりです。留意して勤めたいと思います。 今冬も雪の正月となりました。ここ2年は、雪に恵まれすぎて除雪に明け暮れました。   ◆今年は、少雪ではと期待をしていましたが、既に今冬4度目の寒波となり、除雪で運動不足の解消をしながら心は早くも梅花を待っています。 苦しくとも春は必ずやってきます。前を向いて春風を待ちましょう。 皆様に運気が巡る事を願っています。 「夢但馬2014」但馬お宝100選に遍照寺を投票して下さい。   ◆平成6年に「但馬・理想の都の祭典」が開催されましたが、平成

記事を読む